2015/05/25

【大学ぼっち】ぼっちがなんだよ!!!繋がり依存社会になったから繋がってない人が目立つようになっただけ

大学生 ぼっち

ぼっちだから孤独、友達いないつらい、死にたい、消えたいなどと思っている諸君はいないだろうか。そんな人のための記事。

(一人)ぼっちの定義

はてなからぼっちの定義を引用。

学校(主に大学)で友人を持たない、一人ぼっちの学生のこと。2ちゃんねる大学生活板の「大学で友達がいなくてひとりぼっち」スレが起源とされている。

大半のぼっちはコミュ障を併発しており、人と話すことに苦手意識を持っている。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%DC%A4%C3%A4%C1

分かってはいたが、ぐさぐさ心に刺さる。

人間の本能的にぼっちを避けたいという思い

人間は元来群れで生きてきたので、群れから孤立する(ぼっちになる)と生存の危機が訪れることから、太古のDNAにぼっち=ヤバイというシグナルが植え付けられてきた。

しかし現代の日本において、ぼっちで即死ぬ、ということはない。
だから現代においては自由を謳歌できる、貴族的な特徴も帯びているのではないだろうか。

繋がりだしてぼっちも出てきた

スマホの普及、更にLINEの普及によって繋がることが当たり前になった。繋がる前は家電だった。電話するのにもドキドキしなきゃいけなかった。

それなのに、現代では常にLINEで繋がりっぱなし。相対的に一人でいる人が目立ち、ぼっちという概念も誕生したのだと思われる。昔はみんなぼっちだったってことだよ!

つながりを煽られる子どもたち――ネット依存といじめ問題を考える (岩波ブックレット) つながりを煽られる子どもたち――ネット依存といじめ問題を考える (岩波ブックレット)
土井 隆義

岩波書店
売り上げランキング : 34750

Amazonで詳しく見る by AZlink

そして、日本は島国なので、必然と同質の人間が集まってしまう。そこには同質社会の圧力が生じてしまうのだ。少しでも違った考え、服装、態度は叩かれ、見えない空気によって芽を潰されてしまう。

海外だと違った生い立ちの人たちばかりだから、違って当たり前なのだ。もちろん空気という記号は共有することができないから、言葉によるコードで伝えるしかない。

孤独でないと成し遂げられない

『魔女の旅々』というラノベっぽいやつから引用。

一人になるのが嫌だから、誰かに依存して。あいつは一人ぼっちだとあざ笑われるのが嫌だから、必死になって馴れ合う相手を探して。孤独が怖いから、必死に逃げ回る。
本当に、忌むべき習慣だと私は思います。
「一人が何ですか。孤独が何ですか。そんなものを恐れて魔女見習いになれますか。本当に本気で何かを成し遂げるとき、人はいつだって孤独です。一人じゃなければ駄目なんですよ。馴れ合ったら終わりなんです」

私が伝えたいことを全部伝えてくれた。

つまり賑やかでワイワイしている中からではなく、新しいものやことに挑戦するときは常に一人だということ。逆にいうと賑やかでワイワイした中では思考停止に陥りやすい。何も考えなくて済む楽な状態である。しかし当然、その中から新しいものが生み出されるということはない。

魔女の旅々(上) 魔女の旅々(上)
定規,宮

Amazonで詳しく見る by AZlink

思えば大学受験の勉強をしていたころ、友達とだべりながら勉強をしたことがある。しかし全くと言っていいほど捗らなかった。なぜなら孤独じゃなかったからだ。みんなでワイワイ楽しく勉強、なんてあり得ないんだ。私は浪人した。宅浪した。孤独を噛みしめた。受かった。はい、自分語りすみません。

話が変わるが、人は暇な時間があるから孤独を感じるのだという。
忙しく何かに没頭していればそんなことを考える余裕もないし、疲れるから夜も寝れる。何かに没頭するということは、何かを成し遂げるために必要なフェーズであるし、没頭するためには人は孤独でなければならない、ということだ。

いきなりぼっちなのはあれだから、少し関わり方を変える

何の本で読んだかは忘れたけれど、こういう話がある。
人は普段関わっている親密な友達よりも、たまにしか合わない友人のほうが多くの情報をシェアできるのだという。

なぜならば、普段関わっている友達は大体同じ生活圏にいるので、持っている情報が似通っているのだとか。言ってしまえばシェアできる情報が薄い。
それに比べたまにしか合わない友人とか、知人、師匠的な人は全く違った日々を過ごしているし、そういう人たちとたまに会ってシェアする情報は密度の濃い貴重な情報となるのだ。

だから本当に大切だと思う人がいるならば、頻繁に会わなくてもいいんだね。とても大人な付き合い方。

みんなぼっちを実感してた

大学生の7割が「ぼっち」を実感していることが判明
ぼっちだと思っているのは自分だけではないということ。だからあんまり気にすんな。
死ぬときは誰しも”ぼっち”なんだぜ。

孤独とは自由である

孤独の価値 孤独の価値
森博嗣

幻冬舎
売り上げランキング : 550

Amazonで詳しく見る by AZlink

孤独=寂しい、惨めというイメージが先行しすぎている。
しかし実はもっと高尚なもので、一人で楽しめる人は五万といる。メディアの偏向に惑わされず、本当に自分がしたいことができていれば一人でも充実しているし、縛られない思考で生きられる。

著者:zinsei

自分本位で

Twitterフォロー