2015/08/13

結局SEO対策はここに行き着く。着実に強くなるブログSEOの書き方。

ブログ seo 書き方

確かにブログSEOで小手先のテクニックは必要です。

しかしもっと基本的なこと、それだけを繰り返せるような書き方はないのか?ということがあればいいですよね。今回はそんな方法について書いてみたいと思います。

SEOに強くなる記事の書き方:

ままはっくさんの「競合記事を徹底的に調べる」というページが真理だと思いました。
関連:月間50万PV達成。SEOを意識して私がやっている5つのブログアクセスアップ法

実際私もやっている方法ですが、端的にいうと順位を上げたい記事の書き直し(コンテンツの追加・修正)です。

どういうことかというと、検索順位って結局は相対的に決められていることじゃないですか。

ということは、Google側に
自分「こんな記事書いたよ、これどう?」
Googleロボット「んー、13位かな。」
自分「えーまじか、内容増やしたよ。これでどうかな?」
Googleロボット「7位…?いや、9位に調整。…滞在時間が短いな、10位で。」
自分「うわー、ちょっとずつ下がってる。もう少し改行と画像増やして読みやすく。内容も易しい語り口にしてみよう」

上記のイメージですがこの繰り返しなんですよね。
もちろん数日単位とか数週間単位はかかりますが、この書き方の繰り返しによって順位を少しずつ上げていくことが一番確実というか、堅実な順位の上げ方だと思います。

そこを繰り返す過程において、タイトルの修正だとかコンテンツボリュームの増大という修正を加えるわけです。

だから結局はこのGoogleロボットと自分との対話、もしくは他の競合のページを良く観察するということが重要です。

書きっぱなしにしない:

ブログはよく蓄積型のメディアと言われますが、過去記事を書いたまま放置しておくのが一番もったいないことです。

上記の方法で上げたいページ(そのブログのキラーコンテンツでもいいし、弱いページでもいい)をどんどんあぶり出すことがまず必要です。

そのためにはまず記事を書く段階でタイトルにキーワードを意識しておくことです。そうすれば、そのキーワードで普段からググって、順位を気にしだします。キーワードがない・需要がないコンテンツはそもそも書かないほうが良いと前に書きましたが、やはり初心者のうちは実際に検索されているワードにどんどん参入して、順位を少しずつでも上げていくことが大切ではないかと思います。

具体的にたとえば「漫画 2015 おすすめ」など。
私もこのワードで近いうちに記事を書こうと思っていますが、おすすめや2015などは汎用性があるワードです。
「おすすめ 小説」「おすすめ ○○」などで検索されたいとまず最初に目標を立てて記事を書き、順位が芳しくなかったらもう少しキーワードをズラすか付け足すかして上位を取れるページを作ります。

そういった地道な作業を繰り返すことによりドメイン全体の価値を底上げしていく、という考え方が王道だと思いました。

以上、ブログSEOで基本的に意識すべき記事の書き方でした。