2015/08/13

【初心者】アクセスを増やす(アクセスアップする)ブログ記事の書き方のコツ

ノートとメガネ

「ブログを始めたけど記事がかけない!」
「誰も私のブログをみてくれない!」

という方に向けて、ブログの記事はどうやったら書けるのか?ということを、更にアクセスアップする方法と合わせて書いていきます。

どこからアクセスを集めるのか?

検索エンジンを意識する

ソーシャルからのアクセスももちろん大事です。しかしいわゆる「バズ」というのは、一時的なヒットにしかすぎません。芸人でいうところの一発屋といったところです。

そこで、長期的には検索エンジンからのアクセスを集めていくことになります。

Googleなどの検索エンジンからの訪問者は純粋に知識を求めて検索してくれますし(能動的アクセス)、更にアドセンスのクリック率もリピーターよりも比較的高くなります。

一方で、バズ(ソーシャルなどからの集中的なアクセス)は、比較的暇な人が集まってくる受動的アクセスで、あまりアクセスの質は高くなりません。もちろん悪い面ばかりでなく、その後のブログ価値の「底上げ」にはなるのですが、ここでは詳しく解説しません。

詳しくは「ブログ」「バズ」「方法」などで検索してみてください。

ここでは、メインとなる検索エンジンからのアクセスを重視したいと思います。
それでは、そんなお得な検索からの訪問者を増やす方法、検索エンジンに上位表示されるにはどうしたらいいのか?

How Google Works How Google Works
エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・ペイジ

日本経済新聞出版社
売り上げランキング : 215

Amazonで詳しく見る by AZlink

一問一答てきな「答え」を用意する

検索エンジンを利用する人はつまり質問に対する答えを望んでいるので、その答えの部分を明確に記事で説明してあげる必要があります。

そうすることで検索エンジンに有用な情報だと判断され、結果的に上位表示されます。

「答え」を用意するためには

一問一答的な答えを用意する、って簡単にいうなよ!という方もいるかと思います。

自分の中から何も発信できる情報がないよ!という場合には、書きたいなぁと思うコンテンツの内容をグーグルで下調べしてみましょう。

そこから見出しを拾っていって、自分がこれなら書けそうだ!という付加価値を提供できる見出しをいくつか見つけられるのではないでしょうか。
全く同じ切り口ではいけませんが、見出しから考えつく内容は人それぞれです。

ネットには同じ見出しがたくさん溢れてますが、(たとえば、アクセスアップについてだったら毎日更新しましょうだとか、タイトルにはこだわりましょうといった内容)その見出しの内容は人それぞれです。

つまり小見出しが同じでも、内容についての切り口が違えば良い、ということです。

それがわかれば、書きたいジャンルのワードでググる→記事の見出しの収集→そこから自分が書けそうな切り口を見つけるという雛形が見つかりますね。

訪問者目線で記事の内容をみてみる

答えを用意できましたか?まずは見出しから考えることをおすすめします。
もしくは、タイトルから考えても良いかと思います。(私はそうしています)

そこで、次にそのタイトルが本当に訪問者目線となっているか?考えます。

具体的な方法として、記事を書いてから1日寝かす(下書き状態にしておく)のが良いです。
こうすることで、翌日に本当にこの内容で公開してもいいのか?というのをフラットな視点で見ることができます。

記事を書いた直後に公開するのではなく、一旦空白期間を挟むことで、自分の記事を読む視点を客観視しやすくなります。

「価値を提供する」という意識

ブログの価値

これまでの記事で「答え」を提供することについて書いてきました。

ここまでのまとめとなりますが、その答えというのが価値です。
ブログにおいての価値は情報を提供することにありますから、訪問者の目線で考えた見出し、内容は価値が高まります。

そして価値を提供できたブログは、自然とSNSなどで共有されますから、更に訪問者が増えるというサイクルが起こります。

価値を提供する、というのを別の言葉で言い換えると「新しい視点を提供する」ともいえます。
訪問ユーザーにとって、それまで考えもつかなかったような視点(切り口)の内容を提供することがそのまま価値に繋がります。

「ブログの価値ってどうやって生み出すの?まだよくわからないよ?」
という方はこのまま読み進めてください。
後半でオリジナルコンテンツについて主観情報が価値(オリジナルコンテンツ)となることについて詳しく書いています。

ここでもう一つ言えることは「価値とはインパクトではないか」という視点です。
言葉にはできないけど新しい何か=インパクトを生み出すことがすなわち価値である、という考え方です。

詳しくは下記の本の中に書かれています。

インパクト志向―人生のイシューを解く インパクト志向―人生のイシューを解く
田中 裕輔

東洋経済新報社
売り上げランキング : 88087

Amazonで詳しく見る by AZlink

検索ワード・タイトルをこだわる

検索画面にはその記事のタイトルが表示されるわけですから、当然クリックされやすいタイトルにする必要があります。さらにタイトルにはキーワードを3つか4つ入れ込むのが良いです。

左側(出だし)ほど重要なキーワードを持ってきたほうがいいらしいですが、一番はクリックされやすいワードが良いかと思います。

それではクリックされやすいワードってなに?という方に。

具体的に、「間口を広げる」ような検索ワードをおすすめします。
間口を広げるワードとは、抽象度を高めたワードです。ウィスキーをストレートではなくロックで飲むところをイメージしてみてください。

たとえば具体的な商品名を入れたワードなどは間口を狭くしてしまっています。

具体的なタイトルからみていきましょう。

「こんなに綺麗に撮れる?ニコンカメラのおすすめ5選!」
「素敵すぎる!一眼カメラの選び方とおすすめ撮影ポイント5選」

私はカメラが一切わかりませんが、上のタイトルより下のタイトルのほうがなんとなく良さそうだなぁ、と思います。
理由として、上のタイトルには具体的な「ニコン」というワードが入ってしまっているので、ターゲットを「ニコンカメラに興味がある人」に固定してしまっています。

比べて後者は、具体的な商品名が入っていないのでターゲット幅を広く集めることができます。

アクセスを集めるという観点から見た場合は、後者のタイトルがおすすめです。

記事タイトルで煽る

ある程度ブログを続けていれば身につくスキルだと思いますが、タイトルは若干センセーショナルにします。

具体的に数字を入れるとか、左に感情を入れるとか小手先のテクニックがあるので、勉強したい人は各自ググッてみてください。

ここでお伝えしたいことは、やはりある程度人を集めたいのであれば積極的にタイトルは煽った方が良い、ということです。
というのも、ネットでは記事タイトルがすべてです。タイトルがショボければ、いくら中身が良くてもクリックして見てもらうことができません。
内容が少し負け気味になる程度でいいんじゃないでしょうか。

あとタイトルを勉強できるカテゴリでおすすめなのがいわゆる「まとめブログ」です。
記事をタイトルで煽る天才集団ですので、ぜひまとめブログのタイトルを意識してみてくださいね。

「類推」を使って自分にしか書けないコンテンツを創造する

たとえば、ガジェットに興味がある人がいたとします。
しかし、ガジェット系(情報系)のブログは既に溢れていて、飽和状態です。

しかし、そのガジェットに哲学を織り交ぜて、自分なりの言葉で表現する、というコンテンツにすればオリジナリティが増します。

更に、自分の好きなジャンルのブログですから、自分の「好きなこと・モノ」でいっぱいにできます。
自然と文字数も増えて、内容も濃いものになるかと思います。

一つの自分の強み(ガジェット)を哲学ベースで語る、というのは類推を意識した記事の書き方です。
これは全く異なるカテゴリの内容でも、軸を決めて書けば上手く書けます。

どんなにネタ自体が、自分のブログのジャンルと関係ない事でも、接点を見つけて、そこに向かって書けば、それはあなたのフィールドにふさわしい記事となり、自分のジャンルがさらに特化していくわけです。「ネタが無い」ではなく「ネタを考察していないだけ」という状況に陥らないように、楽しみながら考えてみてはいかがでしょうか。

自分のブログのジャンルを確認して、安易に○○と、○○と○○のものだけ紹介しよう!と考えるのではなく、色んな事に目を向けて、そこから自分のブログジャンルにふさわしい答えを、自分で考えだすほうが、よりコンテンツの充実につながります。

長風呂や、ジョギングなんかも、実はそういう意味で結構ブロガーにとって効果的だったりするんですよね。

引用元:ブログ成功のヒントはジャンルを「絞る」だけじゃない

違うジャンルのことについても、類推する(それぞれに共通したエッセンスを抽出して記事にする)ことはできます。

そのためにはまず、あなたのブログの軸を定めるのが良いかもしれません。
そのブログで何が書きたいのか?何を書いているとき自分は一番楽しんでいるか?ということを研究してみてください。

私の場合、ありきたりですがやはり「ブログ」が好きです。
ブログについて考察したり書いたりすること、更に派生してSEOだとかアクセスアップ、ブログ文章の書き方などがあります。

読みやすい・伝わりやすい記事を書く

ブログは文章を書きますが、最後まで見てもらうためには最初に結論を持ってきて、見やすいように改行をして…など、書くだけでなくその魅せ方にもこだわる必要があります。

武器としての書く技術 (中経出版) 武器としての書く技術 (中経出版)
イケダ ハヤト

KADOKAWA / 中経出版
売り上げランキング : 99

Amazonで詳しく見る by AZlink

また、一行が長くなる場合には箇条書きでまとめます。その際にはSEOを意識したリストタグを使うことをお忘れなく。

さらに、一番忘れやすいことは小見出しだと思います。
この記事でも小見出し+本文の形で書いていますが、これがブログの基本形です。

というのも、ブログとは無料で誰もが見れるという意識が人々には植え付けられているので、その内容(コンテンツ)が面白くなければ読んでる途中でもさっさとページを閉じてしまうことができます。

たとえば大学生がレポートを書くときに論文を一生懸命読み込んだりしますが、これは論文を読む目的がはっきりしているからですね。意味付けがきちんとされているので、最後まで読まれます。

一方で、ブログは面白くなければ戻るを押して次のブログに簡単にうつれてしまいます。そのブログである必要性(意味付け)が薄いので、他のブログでも代用が効くということです。さらに緊急性も少ない場合が多いので、全部読まれることを意識して書かなければいけないのです。

そのためには、見出しで、何が言いたいのかということを先に結論として言い切ってあげる必要があります。

過去記事を定期的に見直す

ブログというのはストックをどんどん増やすことができる媒体です。
しかし、過去の記事は情報が古くなったり、自分が成長してもっと情報を付け足せるようになることがあります。

そんな時に過去記事をメンテナンスすることで、検索順位が跳ね上がります。跳ね上がるというのは単純にそのページを更新したから順位が上がるということではなく、新しく追加された情報が有用だと判断されたからです。当然、有用でない情報をいくら追加しても順位は上がりません。

どうやって低評価されているページを見つけるの?

私はクロームを使っているのですが、シークレットウィンドウというのがあります。
これを使うことで自分の履歴を残さず、誰が検索してもその順位で表示されるページがわかります。
そこで特定の記事のタイトルに使われているワードを組み合わせ(この記事なら初心者 ブログ アクセスアップ 方法など)調べて、どのくらいの位置にいるかというのを相対的に自分で判断しています。どれだけ遡っても出てこないような評価の低いページは、改善の余地があるということです。

アクセス解析からまだ取り入れてないコンテンツを追加する

アクセス解析をチェックしておき、その要素を含んでいないページに新しい情報を付加する、ということもできます。
たとえば「牛丼 紅ショウガ」で検索してきた人に対して、有効な答えを示せていないページに新たに「紅ショウガについて」というコンテンツを加えたり。

無限ループ スペースレール パズル 知育 脳トレ★レベル3★◇MI-SPACERAIL-3 無限ループ スペースレール パズル 知育 脳トレ★レベル3★◇MI-SPACERAIL-3

MI
売り上げランキング : 15284

Amazonで詳しく見る by AZlink

やったね!無限にコンテンツを産み出せる。

やっぱり、ある程度は「文字数」が必要

体感ですが、ページ全体の文字数が400文字の記事より、800文字の記事のほうがより上位に表示されやすい、と感じます。

推測ですが「ある程度のクオリティのコンテンツを提供するにはそれなりの文字数を必要とする」というアルゴリズムが存在しているのではないでしょうか。

もちろん、必要な文字数というのは記事により異なります。

ですが、ここぞという「決めコンテンツ」を作成するときには、頑張って内容を充実させましょう。
内容をまず充実させようという意気込みがあって、結果的に文字数が増えていたというのがベストな状態だと思います。

因みに、蛇足ですがこの記事の文字数は5000文字を超えています。

主観情報がオリジナルコンテンツ

オリジナルコンテンツ

それでは、オリジナルコンテンツとはなんでしょうか?

私の考えですが、客観的な情報だけではオリジナルになりません。
その客観的な情報にどのように自分らしく付加価値を付け加えることができるのか、情報の切り口を考えてそこから膨らませることができるのかというアプローチ(その人の主観)がそのままコンテンツとなり、それはオリジナルなものです。

今こうして私が「私の考えですが」と書きましたが、まさにこれは客観的な情報ではなく、私の主観が作った情報です。
もちろん、ヤフーなどのニュースサイトには正確な情報が求められると思います。

しかし、個人ブログでは強烈に断言する形が好まれ、白黒つけないどっちつかずの意見はあまり受け入れられない傾向があります。
そこで、自分なりの解釈で情報にフォーカスし、頭の中の思考プロセスを文字として書き起こすことでオリジナルなコンテンツが作られます。

最初は難しいと思うので、自分が書きたい分野のワードで検索をしてみて、ライバルサイトを一通り見て、自分なりの切り口で書けそうだな、という箇所を探してみてください。

そこが真っ白なスタートラインです。

インプットとアウトプット

  • 情報を仕入れる(インプット)
  • 情報を吐き出す(アウトプット)

があります。
この割合ですが、インプットはタダなので、どんどん情報を仕入れます。

そして、一旦仕入れた情報を自分の中で蒸留させることで、自分なりの濃いコンテンツが出来上がるのではないか、と感じることがあります。
人のコンテンツをそのままパクるのは簡単ですが、それを自分なりに咀嚼し、斟酌して出来上がったものはやはりひと味もふた味も違ってくると思うからです。

なので、流れとしてはなるべく情報をインプット→その中から出てきた濃い部分をアウトプットが良いです。

因みに私はFeedly(RSSリーダー)を使って、お気に入りのブログから情報を毎日仕入れています。

ブログに頭の良さは関係ない

様々なブログを読み歩いていて思ったことがあります。

それはあまり頭が良くなくてもブログは書けるのではないか?ということです。

確かに記事の書き方などはブログ独特のものがあります。
しかし、それを一度会得さえしてしまえば、後は書き続けるだけで続けることができます。

最初の部分を乗り越えてしまえば、あまり難しい考えはいらないのではないか?ということです。

同じ主張を何度も繰り返して良い

ブログでは、そのブログの「軸」となるような主張が込められていると思います。
逆にいうと、軸があるブログが生き残りやすい(続けやすい)という考え方もできますね。

そのような主張は、ブログの所々で何度も伝えましょう。

たとえばこの記事の中だけでも、同じような主張を何度も登場させていたりします。
その理由として「訪問者の背中を何度も押してやる」という考え方がわかりやすいです。

やってみようかなぁ、でも難しそうだなぁ、というユーザー層に対して、何度も「やってみようよ、ほら、簡単だよ?」と呼びかけるイメージで、何度も違う角度から同じような主張を繰り返すことが有効だと思います。

レベルアップできる

記事を書いているうちに、または情報をインプットして吐き出すサイクルができてきたかな?といううちに気づけば自分の「ブログレベル」が上昇していることに気づくと思います。

具体的に、過去記事を修正すること自体が、あなた自身のレベルが上がって過去の記事の完成度では物足りなくなった、ということの現れですからよくわかるのではないでしょうか。

ドラクエ風に、自身のレベルアップとブログの成長を交互に繰り返す楽しみも見つけられるかもしれませんね。

人生ドラクエ化マニュアル<オーサーズエディション>: 覚醒せよ!人生は命がけのドラゴンクエストだ! (JUNZO) 人生ドラクエ化マニュアル<オーサーズエディション>: 覚醒せよ!人生は命がけのドラゴンクエストだ! (JUNZO)

JUNZO
売り上げランキング : 119

Amazonで詳しく見る by AZlink

「読み応え」のある記事を提供する

ブログを見ていて、
「なんだ、内容これだけか。ページ閉じよっ」
て思った経験はありませんか?

文字数の部分とも関連しますが、やはりある程度のボリュームがないと読み応えというのは出てきません。

読み応えはそれ自体が価値とも言える部分になってきますので、満腹感を与えられるような内容を心がけると良いコンテンツが生み出せるかもしれません。

訪問ユーザーが記事を読んでいる最中に、あれこれ想像できるような引き出しをいっぱい提供することも満腹感を与えるコツでしょうか。

検索エンジンに好かれるということは、ドメイン価値が上がるということ

私はこのブログはワードプレスの独自ドメインで運営していますが、あるページが上位表示されたとして、他のページも釣られて順位が上がることがあります。
これはドメインの価値が上昇する(評価される)ことで起こる現象だと考えています。

過去記事をメンテナンスするのも、全体のドメイン価値を引き上げるという狙いも含んでいる、ということですね。
逆に、低評価のコンテンツは削除するか、新たに情報を書き加えるなどしたほうが良いかもしれません。
私は検索ワードで低評価されているコンテンツは消すか、新しく書き換えます。

プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意 プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意
コグレマサト,するぷ

インプレスジャパン
売り上げランキング : 183757

Amazonで詳しく見る by AZlink

時には大胆にページの趣旨ごとや、内容ごっそり変えることもありますが、たまに浮上してこないこともあるのであまり内容を変えすぎるのは良くないかもしれません。

理想は、すべてのページが上位表示されること

理想を語れば、すべてのページが高い評価を受けて上位表示されることです。
しかし当然、そんなうまい話はありませんので、そういう意識で更新しよう、ということです。

因果関係は、価値のあるコンテンツ作成→検索上位表示

良く勘違いしやすいポイントですが、「検索で上位に表示させる」方法を模索するのではなく、価値のあるコンテンツを作ってそれが結果的に評価されて上位表示に繋がるということです。

そのためには、価値のあるサイト作りが先に来なければいけません。

最終的に判断するのは、訪問者

この内容でこの記事を締めたいと思います。

どんなに内容を頑張って充実させても、それを判断するのは書き手ではありません。

訪問者です。

更に最近のユーザーは賢いので、この情報はすごい!というのを判断することに長けています。

そこで書き手であるあなたができることは、繰り返しになりますが少しずつ庭のお手入れをするようにブログのコンテンツを充実させていくしかないと思います。

この情報すごい!と思ってもらえるような記事を書き続けるしかないんです。
それを見つけてもらうには、ソーシャルやテクニックも必要になってきますが。

私も、まだまだブログについては学ぶことが多いです。
新しい発見があればちょいちょいこの記事の内容を修正しているのですが、何度も繰り返し編集することでようやく少しは見れるようなコンテンツとなりました(主観)

因みに、この記事だけで50回以上リビジョン(修正)しています。
もちろん一つ一つの修正は誤字を直すとか、細かい修正も含んでいます。

私のような適当な人間でもブログというのは書けば書けるのです。
そこで、なるべく「こうではないか?」という試行錯誤を繰り返すことによって、訪問者に優しいブログ作りとなるのではないでしょうか。

しかしやはり根底には「好き」があると思います。

私はブログが好きです。
なぜ好きになったのか?はよくわかりませんが、ブログを読むのも最近では書くのも好きになってきました。

好きな事なら続けられる、という言葉がありますが、まずはブログを読むことを習慣とする(インプットを増やす)ことから始めて、少しずつアウトプットを増やしていくことが成長への鍵ではないでしょうか。

いきなりアウトプットしようとしても吐き出すものがないことがあります。
もちろん、自身の体験などで最初は書けることがあるかもしれませんがいずれネタ切れを起こします。

そこからが本当の勝負で、繰り返しになりますがインプットの量が分かれ目になるのではないでしょうか。

【ブログ更新】ブログを続けるコツ。持続可能性という言葉から考える